ビール券で気持ちを伝える!身近な人にこそ贈りたいギフトです

ビール券で気持ちを伝える!身近な人にこそ贈りたいギフトです

簡単に使えるギフトカード!ビール券の使い方

生ビールを注いだグラスを持つ

何かのお礼や景品、季節の贈り物として「ビール券」をもらったものの、初めて手にするものなので、使い方がさっぱりわからないと途方に暮れている皆さん。ビール券は簡単に使えるギフトカードなので、これを機会にどう利用するものなのかをしっかりチェックしておきましょう。自分で使いやすいものであれば、今後、人へのプレゼント候補にもなるでしょう。
まずはビール券のオモテ面を確かめます。左の部分に、缶あるいはビン、何mlのものを何本、という指示が出ています。この券一枚につき、記載してある種類・容量・本数のビールと交換ができる、という意味です。この条件の範囲内であれば、好きなメーカーのビールを選んで構いません。普段お酒を買い慣れていない方であれば、あらかじめ店員さんに相談し、交換できる品物を示してもらうのもよいでしょう。
ビール券のオモテ面右側には、年月日が記載してあります。これは券の有効期限なので、この期日までにビール券をお店に持っていき、指定のビールと交換してもらいましょう。ビール券は一般的な酒屋さん、スーパー、コンビニエンスストアなどでビールと引き換えることができます。個人商店などで使えるかどうかまでは不明という場合は、お買い物前にレジやカウンターで確認する事をおすすめします。

暑い夏のご挨拶や贈り物にビール券はいかがでしょうか?

ちょっとしたご挨拶やプレゼントに何を贈ろうかと考えている方も多いことでしょう。贈る相手の趣味や好み、また贈るものの大きさなども悩みの種といえます。最近では贈り物といっても様々な種類のものがあり、選ぶのも一苦労ですが、そんな時にかさばらない商品券やカタログギフトなどを選ぶ方も多いです。その商品券の中に「ビール券」というものがあるのをご存知でしょうか?
ビール券は、酒類の販売を行う組織の連合会が発行するギフト券の一つです。現在発行されているものには、1枚につき633mlびん2本分購入できるものと350ml缶2本分を購入できるものがあります。また、各券にはメーカーの指定がありますが、指定されているメーカーはいずれも有名なメーカーばかりですので、多くの人が希望する品目は大抵これに当てはまるでしょう。
特に、暑い時期には冷たいビールが飲みたいと思う方が多いでしょう。そんな時に好みのビールが手に入るビール券は嬉しいプレゼントとなることうけあいです。但し、そんなビール券にも注意しなければならないことがあります。それは、券には有効期限があることです。券の右端に使用期限が記載されており、それを過ぎると使用できなくなってしまいます。お楽しみにとっておいたビール券の期限がいつの間にか切れていたなどということは避けたいものです。

ビール券で粋に一杯奢る!お酒好きにはとても嬉しいプレゼント

目上の人へ、さりげなく贈り物をしたい時に活躍してくれるのが、ビール券です。お酒が好きな人へ感謝や恩を返したい時、「一杯奢る」という文化がありますが、お酒好きな人にとってはとても嬉しいものでしょう。しかし、一緒に飲みに行くには相手の都合、そして自分の都合も考えなくてはなりません。忙しくてなかなか会えないということもあるでしょう。その際はビール券をプレゼントすることが有効です。
ビール券は相手が好きな時にビールへ換えることができるので、日程や時間の調整が必要ありません。なので、相手へ負担のない形で一杯奢る、ということが出来ます。ビールそのものを送るのも良いですが、相手がお酒を余らせるほど持っていた場合、品物を送るとかえって場所を取るので邪魔になり、迷惑になる可能性があります。その点ビール券は、持っている人の好きなタイミングで品物と交換できるので非常にスマートです。
お酒好きな人であれば、ビールは日常的に消費するものです。だからこそ、ビール券をあげることで、その人の生活に根ざしたプレゼントとなり、感謝やねぎらいの気持ちを伝えることができるのです。ビール券は、「一杯奢るよ」を遠隔的に可能にするものです。ですので、距離的に遠くてあまり会えない人への粋な贈り物を考える時には、特に候補に入れるべきでしょう。

TOP